虫歯の概要

今のあなたの虫歯の状態はどれですか? 自分の症状をチェックしましょう

虫歯の概要と治療法

虫歯は進行段階によってC0~C4の5つに分類され、各段階によって治療法が違ってきます。それぞれの状態と治療法を見ていきましょう。

C0:脱灰

C0:脱灰

【状態】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け出している状態で、白濁が見られます。自覚症状はまったくありません。
【治療法】
この段階であれば適切なブラッシングと予防処置によって再石灰化させて治すことができます。

C1:エナメル質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

【状態】
酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、歯の表面が黒くなっている状態です。この段階でも特に痛みなどの自覚症状はありません。
【治療法】
この段階であれば黒くなっている部分を削って、コンポジットレジンというプラスチックを詰めて治療します。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

【状態】
エナメル質の内部にある象牙質まで虫歯が侵食した状態で、冷たい物や甘い物などを口にすると歯がしみて痛みを感じます。
【治療法】
虫歯になった部分を削り、詰め物(インレー)によって治療します。

C3:神経まで進行した虫歯

C3:神経まで進行した虫歯

【状態】
歯の神経まで虫歯が進行している状態です。強い炎症や激しい痛みを伴います。
ツꀀ【治療法】
神経を取り除き、被せ物(クラウン)によって治療します。

C4:歯根まで進行した虫歯

C4:歯根まで進行した虫歯

【状態】
歯根まで虫歯が進行している状態で、歯の神経が死んでいるため痛みは感じません。最終的には歯根が化膿して膿が溜まり、抜歯が必要になります。
ツꀀ【治療法】
抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどによって欠損部を補います。